ベトナム研修参加報告:2016年度異文化相互理解実地研究・ホーチミン(宮入優佳)

私は今まで海外に行った経験がなく、異文化相互理解実地研究が初めての海外となりました。約一週間という期間は長いように感じ、不安もありましたが、実際に行ってみると毎日がとても充実していて、長くは感じませんでした。自分でベトナム旅行に行くのでは訪問できないような教育施設や病院等に行き、現地の方々と交流できたことは貴重な経験であり、教育についてだけでなく、ベトナムの歴史や文化について等も考える機会となりました。さまざまな施設や企業を訪問してきたなかで、私は、バンフ―小学校での交流が特に印象に残っています。

 

バンフ―小学校では、私たち学生が3名程度ずつのグループに分かれて教室に入り、ベトナム語で『もりのかくれんぼう』という絵本の読み聞かせをしました。ベトナム語は、事前に日本で指導していただき、現地に行ってからは現地の学生さんに練習をみてもらいました。読み聞かせ当日にも協力してくださる方がおり、子どもたちに絵本の内容を理解してもらうことができました。読み聞かせをした後は、外に出て子どもたちのダンスや歌をみせてもらったり、私たちが準備していったダンスを発表したりし、楽しい時間を過ごすことができました。ベトナムの子どもたちは元気がよく、ステージの上で一緒にダンスをおどることもできました。子どもたちとの交流だけでなく、校長先生にお話を聞かせていただく時間もあり、バンフ―小学校がどのような学校かということを教えていただきました。バンフ―小学校は子どもが多く、教室が不足しているため午前と午後の二部制になっていると知り、ベトナムという国が発展してきているという勢いを感じました。

 

異文化相互理解実地研究に参加して、ベトナムについて知り、現地の人とかかわることで、自分の考え方の幅がひろがりました。私は教育について学んでいますが、そこだけを見るのではなくて多方面に関心をもつことや、人とじっくりかかわることの大切さを感じました。

 

vietnam1

 

vietnam2

 

vietnam3